昨日行われた予選ではベッテルが久々のポール、フェルタッペンがフロントローを獲得しています。チャンピオンが決定的なハミルトンは3番手スタート。表彰台に上がりチャンピオン決定となるか注目の決勝がスタートします。

グリッドダウンペナルティはバンドーン35、アロンソ20、ガスリー20、ハートレー20、リカルド20となっています。

Sponsored link

スタート順とタイヤ

メキシコGP決勝レポート

気温21℃、路面温度41℃、周回数は71周となっています。

https://www.formula1.com/

スタートではやっぱり譲らないで突っ込むフェルタッペンとベッテル、ターン1かるく接触してベッテルは後退、そこにハミルトンが先行しようとするが、ターン3でベッテルのフロントウィングがハミルトンの右リアに大きく接触。

https://www.formula1.com/

ハミルトンはパンクで、ベッテルはフロントウィング交換で2周目で早くもピットインしタイヤ交換Sへ

6周目9位まで上がっていたリカルドがPUトラブルでリタイア、交換したのにこの始末。

混乱が落ち着いた9周終了時点

サインツ、マッサ、ウェーレインも早くもピットインを終わらせている。Sタイヤは最後までいけるとの事。

ベッテルが追い上げを開始、次々とパスしていく中、ハミルトンはペースが上がらない。

上位陣のピットは、19周目ぺレス、20周目ヒュルケンベルグ・オコン

20周終了時点

22周目最後尾ハミルトンは周回遅れになってしまった。

26周目ヒュルケンベルグはリタイア、これでベッテルは10位

29周目エリクソンがピットへ

30周目ハミルトンがやっとウェーレインをパス、マグヌッセンをぺレスがパス、ベッテルがアロンソをパス

32周目好走していたハートレーが炎をあげるほどのPUトラブルでリタイア、VSCとなりほぼ全車ピットイン

https://twitter.com/F1

34周終了時点

ベッテルとアロンソはUSです。

36周目レース再開ハミルトンがグロージャンをパス

38周目ベッテルはマグヌッセンをパス、ハミルトンはウェーレインをパス

43周目ハミルトンはガスリーをパス

46周目ハミルトンはエリクソンをパス

52周目ベッテルはぺレスをパス

53周目ぺレスはピットへUSへ、ハミルトンはバンドーンをパス11位

55周目ベッテルはストロールをパス

57周目ハミルトンはマッサをパス10位

58周目ベッテルはオコンをパス4位、エリクソンはリタイア

8位マグヌッセンを抜けないアロンソにハミルトンが迫っています。

62周目サインツはピットへリタイア

マグヌッセンの後ろアロンソはDRSを使えるため、DRSのハミルトンに抜かれない。

68周目ハミルトンはアロンソをパス9位、接触がありパーツが飛びました。

71周終了フェルスタッペンがぶっちぎりで優勝!今シーズン2勝目(3勝目)

ハミルトンは9位チェッカーで4回目のチャンピオン確定となりました。

メキシコGP決勝結果


Sponsored link


まとめ

https://twitter.com/F1

スタートでチャンピオン争いの二人が最後尾まで落ちるなんて最悪のレーススタートだった。

ベッテルはまたフェルスタッペンの前をふさぎにラインを大きくイン側に変更、危ないな~と思っていたらターン1,2で接触して失速。ターン3で前に行こうとしたハミルトンにも接触してパンクしたハミルトンは大きく遅れ、ベッテルはフロントウィング交換へ

なんで退けないんだよベッテルよ!緊迫したトップ集団の争いを期待していただけにがっかりでした。

https://twitter.com/F1

フレッシュエアーで走り続けるフェルスタッペンはとにかく速かった。後ろのボッタスやライコネンじゃ全く歯が立たないわ、役者が違うね。

ハミルトンは速さはもちろんの事、展開を見守る冷静さをも持ち合わせ、今シーズンのチャンピオンに相応しい結果だったと思います。ベッテルは・・・シーズン後半自ら自滅しただけ。

 

アロンソがギリギリ10位入賞でマクラーレンホンダは久々のポイント。ペースが速くとも抜くことが出来ないマクラーレンはつらいレースの中、頑張りましたね。

ルノー勢は何してんだがトラブルだらけで、主要なドライバーが次々と脱落。

あと2戦は本当の速さ勝負が見れる訳ですが、レースを壊すような不用意なスタートだけは何とかしてくれい。