10月6日10:00からフリー走行が始まりますが、今年のマクラーレンホンダはどのような走りをするのかわからない。昨年の様に予選で約2秒差つけられてトップ10に絡めずに何もできずに終わる可能性もある。

鈴鹿決戦を前に今年の状況を振り返ってみます。

Sponsored link

2017年予選ギャップ一覧とコース概要

R予選gap1周(km)全開率(%)燃費(kg)周回数ERS影響度決勝順位備考
1AUS3.2375.303701.95813
2CHN2.6945.451551.756R
3BRN3.2855.412641.85714
4RUS3.4665.848601.95314
5ESP1.8994.655651.76612
6MON1.0713.337501.578R
7CAN2.2344.361671.87014
8AZE3.7416.003562519
9AUT1.3514.326661.77112
10GBR2.8185.891662.46611
11HUN1.2734.381551.5706
12BEL2.5377.004702.274414
13ITA3.6035.793751.8953RQ雨
14SIN1.6885.065471.9617
15MAS1.5065.543651.79567
16JPN ? 5.807 65 1.8 53 中 ?

全開率やコース全長だけで判断するのは難しいけど、マクラーレンのマシンだけなら4番目の実力があるのは確実だろう。

ここ数戦の戦いからもライバルはフォースインディアになると思っています。

回生パワーデプロイメント

https://www.formula1.com/

鈴鹿で一番問題になるのが回生パワーになります。ブレーキングで回生(MGU-K)できるポイントが非常に少なく、排気パワー(MGU-H)に頼らざるを得ません。

エネルギーデプロイメントのセッティングが非常に肝になってくるでしょう。排気パワーを回生に使いすぎるとエンジン本体のパワーが損なわれるので、バランスが本当に重要です。

Sponsored link


マクラーレンホンダポジション予測

1番にはフェラーリが来ると思います。メルセデスとレッドブルは混戦となるでしょう。最近の結果からもマクラーレンホンダの位置ですが5番手と予想します。

  1. フェラーリ
  2. メルセデス
  3. レッドブル
  4. フォースインディア
  5. マクラーレン
  6. ルノー
  7. ウィリアムズ
  8. トロロッソ
  9. ハース
  10. ザウバー

明日の金曜日から始まるフリー走行ですが、天気予報は雨となっています。土曜日も午前中までは雨との予報です。

予選ぶっつけ本番でドライタイヤとなりそうで、シュミュレーターによるイニシャルセッティングがすごく重要となります。

なんだが荒れそうで面白くなりそうな日本GPとなりそうです。