F1のギアボックスは規程で8速となっていて、年間通して固定ギア比(1度だけ変更可能)となっています。2017年マクラーレンはこのギア比変更を行っていないとの情報があり、かなりのローギアード設定であるとの指摘があります。

ホンダはアップデートをかなりの回数でおこなっており、開幕時のパワーバンドと現在では大きな違いがあるでしょう。それなのに変更しないマクラーレンはおかしいよね。それもこれもパートナー解消へ進んでいたための弊害なのかな。

いつもはトップエンドで回り切らないホンダエンジンですけど、メキシコGPでは空気が薄く車体の空気抵抗が減った事で8速DRS無しで11,500rpmまで回っていました。各車の各ギアでの速度の比較ができやすくなっていたので分析してみました。

Sponsored link

各ギアでの回転数と速度比較表

チームギア4速5速6速7速8速
マクラーレンホンダ回転数rpm12,00012,00011,60011,50011,500
速度km/h184215247278315
レッドブルTAG回転数rpm11,50011,50011,35011,35011,360
速度km/h190227260292326
フェラーリ回転数rpm11,90011,90011,90011,70011,500
速度km/h188220258289320
メルセデス回転数rpm12,60012,20011,70012,00011,500
速度km/h202233261294321

比較するために見たオンボード動画の関係上、ホンダは8速11,500rpmまでしか確認できなかったのでフェラーリやメルセデスはそれ以上回っていますが同じ回転数時点での速度としています。8速以外はギアアップ時の回転数です。

https://www.formula1.com/

エンジン回転数と速度分析

マクラーレンホンダはアロンンのフリー走行でのデータで、DRSを使わなくても8速11,500rpmまで回っていますが、そこで頭打ちとなっています。7速でも似たような回転数なのでホンダのパワーバンドの上限は11,500rpmなのでしょう。

レッドブルTAG(ルノー)はフェルスタッペンの決勝でのDRS無しラップです。ホンダ以下の回転数ですが速度は高い、ピークパワーで苦戦しているルノーのパワーバンドは低いため、速度を稼ぐためにレッドブルはハイギード設定をして対処している。

フェラーリとメルセデスは上記のデータ表からも、ほぼ同一のギア比設定だと思われます。

Sponsored link


ストレート速度が遅い訳はホンダのせいだけではない

ルノーエンジンであれほどスピード出せるレッドブルは流石と言わざるを得ないですね。空気抵抗が少なくダウンフォースの効率がいい、そして最高回転数の低いエンジンをギア比設定でメルセデスやフェラーリに負けないトップスピードを確保できている。

マクラーレンの現在のギア比では低速度域の加速は素晴らしいが、抜くため抜かれないための高速度域での伸びが圧倒的に足りない事は明らかですね。

ホンダとルノーのパワー差は今や10kw(約13.6馬力)程度となっているはず、そしてホンダが今年、主におこなった改良は低・中回転域での出力のはずです。パワーバンド以上には空気抵抗のある状態では加速できないでしょう。

それほどパワー差のないルノーでレッドブルが速度を稼いでいる事実が、現状のマクラーレンに大きく足りない部分であります。空気抵抗が大きすぎて加速が遅くなるためギア比を高くできないとしたら元も子も無いですけどね。

来季トロロッソはどうするのか?

レッドブルルノーのようなギア設定できない理由がホンダにはあるのかもしれない。パワーバンドが異様に狭いとかね。

比較対象チームが無いホンダはこういった部分でも立場がない、来季のトロロッソがどのようなギア設定をするかで、ホンダの本当の実力がわかるかもしれません。

トロロッソを通してレッドブルはホンダの実力を把握しているので、彼らの作るギアボックスには期待しています。