27日月曜日に2017年のF1新レギュレーションでの本格的なテストが、スペインのサーキット・デ・バルセロナ・カタルーニャでスタートしました。

 

Sponsored link

バロセロナテスト1日目の模様

https://www.formula1.com/

昨年チャンピオンチームであるメルセデスのルイス・ハミルトンが初日テストタイム最速を記録しています。ピレリのソフトタイヤで1分21秒765を記録している。このタイムは昨年のスペインGPでのポールタイム(1分22秒000)をすでに上回っています。

 

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2番手タイムを1分21秒878を記録している。こちらのタイヤはミディアムだった。

 

メルセデスとフェラーリは両チームとも非常に生産的な一日でした。メルセデスは、午前の部でボッタス、午後にはハミルトンが走り合計152周を記録し、フェラーリのベッテルは大きなトラブル無く128周を記録している。

 

ウィリアムズはフェリペ・マッサが103周走り3番手時計を記録している。ケビン・マグヌッセンは午前中にコースアウトして壁にぶつかったため周回数は51周となっている。

 

レッドブルRB13はセンサーとバッテリーでトラブルを抱えてしまい、今年初テストは上々の滑り出しとはいかなかったリカルドは50周走るのが精一杯だった模様。

 

マクラーレンは、オイルシステムがトラブルに見舞われてしまった。アロンソは午前中と午後の大半をガレージで過ごし不満げな様子だったようです。終盤なんとかパワーユニットの乗せ換えが間に合い29周出来た模様。

https://www.formula1.com/

F1公式サイトでのテスト初日の模様まとめ動画です。
https://www.formula1.com/en/video/2017/2/Preseason_testing__Day_1_summary.html

Sponsored link


新たなトレンドTウィング

https://www.formula1.com/

Tウィングは、今シーズン最大のトレンドなるパーツになるでしょう。このリアウィングより高い位置についた小さなウィングは、フェラーリはマシン発表当初から搭載させているユニークな空力パーツです。

 

技術規則の隙間を突いて、こんなところにこんなものが設置できるなんて、FIAはなにやっとんじゃい!!カッコいいのか?カッコ悪いかは置いといて早速他チームも続々コピーしています。

https://www.formula1.com/

突貫工事状態が見受けられるウィリアムズのシャークフィンとTウィングの組み合わせ。

 

https://www.formula1.com/

メルセデスのシャークフィン無しのTウィングなど、いろんな形のものがテスト初日にすでに持ち込まれています。今後どんどんテストされていくでしょう。

 

具体的な数値上での優位性はわかりませんが、この位置にある以上一番効率よく空気を捉えることが出来るのは事実です。

 

出来ればやめてほしいパーツなんですが、FIAさん早く禁止令をお願いします。とは言うものの禁止されるの1年後ですよねぇ。