パワーサーキットと呼ばれるジル・ビィルヌーヴサーキットではホンダのピークパワー不足が足を引っ張る事になりそうです。新しいICEを投入するのか?はっきりとはしませんが、セッティングが不完全なものよりスペインで好結果をもたらしたバージョンの方がいいでしょう。

今回はアロンソも戻ってきます。マクラーレンのアップデートが空気抵抗が少なくダウンフォースを稼げているものならば予想外の結果にも期待できるかもしれません。

ホンダレーシングF1のモナコGPブレビュー⇒http://ja.hondaracingf1.com/2017/index/canada-gp-reports.html

以下引用文となります。

Sponsored link

長谷川 祐介 株式会社本田技術研究所 主席研究員 F1プロジェクト総責任者

「カナダGPは、シーズンの中でも最も活気があり人気のあるレースの一つで、ファンも毎年温かく迎えてくれます。いつも素晴らしい雰囲気の中でレースをすることができますし、Hondaカナダの同僚たちからのサポートもあり、私たちにとっては毎年スペシャルなレースの一つです。

モナコではジェンソンがスポット参戦としてカムバックしましたが、今回はインディで偉大な挑戦を終えたフェルナンドが、我々のもとに戻ってきます。ルーキーとしての勝利を狙った挑戦は残念な形で終わってしまいましたが、それでも彼の才能が特別であることをアメリカでも証明してくれました。歴史あるレースで優勝争いを演じ、オーバルを主戦場として戦うドライバーに負けない走りを見せてくれたと思います。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、その美しい風景とは裏腹に、パワーサーキットとして知られています。そのような特徴に加えて、多くのストップ&ゴーコーナー、荒い路面、長いストレートなど、我々にとっては今回も難しいレースになると思っています。

ただ、今週末がどんなにタフなろうとも、前を向いてチャレンジを続けていくのみです」

フェルナンド・アロンソ

「ここ最近は、北米で過ごす時間が長かったので、カナダでのレースも楽しみにしています。インディ500は、ほかと比べようのないくらい素晴らしい体験でした。F1とは全く異なるドライビングスタイルとサーキットレイアウト、そしてマシンを経験できたことにも感動しました。ただ、私は再び“普段の仕事”であるF1へ戻る準備も万全です。

例年、カナダGPを楽しんでいます。マシン、ドライバーともに負担が大きい独特なサーキットで、本物のレーサーであるかが試されるコースです。インディ参戦中も日々モナコGPのニュースをチェックして、ストフェルとジェンソンの好結果を把握していました。新たなアップグレードの感触が良く、信頼性も向上しているということだと思うので、カナダでさらに一歩前進できることを願っています。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットのレイアウトは、いわゆるパワーサーキットで、マシンパワーと直線スピードに成績が左右されます。モナコのような低速でコーナーの多いコースほどは、我々のマシンとの相性が良くないと思いますが、MCL32へまた乗れることにワクワクしています。チームメンバーと再会し、今度は左回りだけでないコースに戻れるのですからね!」

ストフェル・バンドーン

「モナコでは、チーム全員にいろいろなことが起きました。マシンの感触は本当に良く、限界までプッシュできるパッケージだと感じましたし、チームへポイントを持ち帰れるかもしれないと思っていただけに、リタイアは残念でした。チームが毎戦ハードワークをして作り上げてくれたアップグレードによって、シャシーは明らかに進歩しています。ですから、コース特性の異なるカナダでそれがどうなるか楽しみです。

ここでレースをした経験がなく、私にとっては未知のサーキットですが、シミュレーターでかなりの量を走り込みました。厳しいコースで、多くの人が“ドライバーズ・サーキット”という理由が分かったような気がします。やらなければいけないことが多く、忙しいサーキットなので高い集中力が要求されます。“ウォール・オブ・チャンピオンズ”はそれを象徴するようなコーナーです。レースに向けた準備やセットアップなどは、モナコと対極ですが、こういった特性のサーキットを実際にドライブできることに興奮しています。

レースはブレーキ、エンジン、そしてドライバーに厳しいものになると思いますし、セーフティカーの出動もあり得るので、戦略とセットアップについてもよく考える必要があります。フェルナンドはここでの経験が豊富なドライバーなので、チームに帰ってきてくれるのは、私にとってもいいことだと思っています。簡単なグランプリではありませんが、モナコと違ってオーバーテイクのチャンスが多いので、混乱が起きればチャンスが増えると思います」

エリック・ブーリエ McLaren-Honda Racing Director

「モナコとインディアナポリスでのレース両方に力を注ぎ、McLaren史上最も忙しかったと言える週末を終えましたが、カナダGPへ気持ちを切り替えなければなりません。モナコでは人気者のジェンソンが復帰し、特に予選で力強いパフォーマンスを発揮しました。彼の腕は少しも衰えていないことを証明してくれたと思います。ストフェルも週末を通じて素晴らしい走りで、モナコのような手ごわいサーキットでも十分に戦える力があることを示してくれました。ポイント獲得を期待したものの、残念ながら叶いませんでした。しかし、現在進めている開発作業がいい傾向を示しているので、いい形でカナダへ向かうことができる思っています。

そしてもちろん、マクラーレン・ホンダ・アンドレッティでインディ500に挑戦していたフェルナンドが、チームに戻ってくることも、とても楽しみです。この数週間で彼が成し遂げたことは驚くべきもので、チームの誰もがフェルナンドと再会し、その印象的なパフォーマンスを称えるのを待ちわびています。

毎年、McLaren-Hondaのチーム全員が、モントリオールでの日々を楽しんでおり、カレンダーのなかでもお気に入りのレースであることは間違いありません。グランプリ中はダウンタウンエリアに滞在しますが、街の雰囲気は素晴らしく、いつも温かい歓迎を受けます。カナダの人々は、我々と同じくレースが大好きですし、レースも展開が読めずエキサイティングなことで評判です。

McLarenはここで数々の勝利を手にしてきましたが、なかでも有名なのは6年前のジェンソンの勝利でしょう。4時間以上に及ぶレースで、まさに予想不能なカナダのレースを象徴するものだったと思います。また、悪名高き“ウォール・オブ・チャンピオンズ”は、多くのマシンと、ドライバーのプライドを打ち砕いてきました。こうした過酷なサーキットが、ドライバー、エンジニア、メカニックに対して、ほかでは見られない挑戦を強いるのです。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは高速コースで、タイトなシケイン、限られたランオフエリアとハードブレーキングが存在します。この特性は、我々のパッケージが持つ強みと合わないかもしれませんが、さらなるパフォーマンスを引き出すために開発したパーツを持ち込み、毎戦限界までプッシュして戦うのみです。まだまだ道のりは長いですし、このサーキットは自分たちのパッケージが苦手とする環境ではありますが、持つ武器を最大限に活用し、コース上で訪れるすべてのチャンスをものにしていきます」


Sponsored link


まとめ

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットはパワーサーキットである事、スロットル全開率は67%で、1周あたりの燃費が1.8kgとホンダのプレビューには記載されています。

70×1.8=126kgとなりかなり燃費を意識した走りをしなくてはならないでしょう。1周が短いためラップタイム差がモナコと似たようになるのが面白いなぁっと思うところです。(昨年は約1.4秒差)

ペースが速くても前の車を抜けないマクラーレンは1ストップで様子をうかがう作戦で行くしかないでしょう。USのペース次第でSCを待ちSタイヤへ交換してチャンスをものにすればポイント獲得もできるでしょう。

 

このところマクラーレンの車体アップデートは確実に結果をだしていて、開発の成功率は95%だとマクラーレンはメディアに対して宣伝しています。たしかに数字を見る限る確実に進歩している。

今まであまりできなかった「風洞・CFD・シュミュレーター・実走」の相関関係がかなりいい状態の今年のマクラーレンは期待していいのかも。

ホンダは未だに本腰入れたパワーアップは出来ていないわけで、新バージョンICEを待つばかりです。パワーテッドバイホンダの意地がみたいよ。