本番用PUを投入したフェラーリがFP3の仮想予選アタックで1,2タイムを記録しました。ライコネンがいい感じで乗れています。さすがスパ4勝ドライバー。

ベッテルがフェラーリに2020年まで残留する事が決定しました。

バンドーンは金曜日に使用していたICE,MGU-K,TC,MGU-Hとギアボックス交換で+30グリッドペナルティとなり合計65グリッド降格が決定しています。

Sponsored link

ベルギーGPフリー走行③

ドライバーチームLapsタイムギャップ
1キミ ライコネンFerrari171’43.916
2セバスチャン ベッテルFerrari151’44.1130.197
3ルイス ハミルトンMercedes111’44.1140.198
4マックス フェルスタッペンRed Bull131’45.0341.118
5バルテリ ボッタスMercedes181’45.2301.314
6ダニエル リカルドRed Bull181’45.2861.370
7ジョリオン パーマーRenault111’45.4911.575
8セルジオ ペレスForce India141’45.8571.941
9カルロス サインツ Jr.Toro Rosso181’45.9422.026
10フェルナンド アロンソMcLaren121’46.0602.144
11ニコ ヒュルケンベルグRenault111’46.0642.148
12エステバン オコンForce India141’46.1792.263
13ロマン グロージャンHaas141’46.1962.280
14ストフェル バンドーンMcLaren141’46.3002.384
15ランス ストロールWilliams181’46.6202.704
16フェリペ マッサWilliams221’46.6672.751
17ケビン マグヌッセンHaas131’46.6902.774
18ダニール クビアトToro Rosso71’47.9033.987
19スカル ウェーレインSauber171’48.2964.380
20マーカス エリクソンSauber61’48.3004.384

ベルギーGP予選結果

ドライバーチームQ1Q2Q3ギャップ
1ルイス ハミルトンMercedes1:44.1841:42.9271:42.553
2セバスチャン ベッテルFerrari1:44.2751:43.9871:42.7950.242
3バルテリ ボッタスMercedes1:44.7731:43.2491:43.0940.541
4キミ ライコネンFerrari1:44.7291:43.7001:43.2700.717
5マックス フェルスタッペンRed Bull1:44.5351:43.9401:43.3800.827
6ダニエル リカルドRed Bull1:45.1141:44.2241:43.8631.310
7ニコ ヒュルケンベルグRenault1:45.2801:44.9881:44.9822.429
8セルジオ ペレスForce India1:45.5911:44.8941:45.2442.691
9エステバン オコンForce India1:45.2771:45.0061:45.3692.816
10ジョリオン パーマーRenault1:45.4471:44.6852.132
11フェルナンド アロンソMcLaren1:45.6681:45.0902.537
12ロマン グロージャンHaas1:45.7281:45.1332.580
13ケビン マグヌッセンHaas1:45.5351:45.4002.847
14カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1:45.3741:45.4392.886
15ストフェル バンドーンMcLaren1:45.4412.888
16フェリペ マッサWilliams1:45.8233.270
17ダニール クビアトToro Rosso1:46.0283.475
18ランス ストロールWilliams1:46.9154.362
19マーカス エリクソンSauber1:47.2144.661
20パスカル ウェーレインSauber1:47.6795.126

予選レポート

予選が始まるとメルセデスが完全に先行状態でタイムを刻んでいきます。セクター1で圧倒的に速いメルセデス。

マクラーレンホンダは2台ともにQ1を突破。

https://www.formula1.com/

Q2ではアロンソをQ3に進めるべくストレートでバンドーンのスリップをアロンソが利用してアタックしたがセクター3で減速(無線でノーパワー発言)タイムアップできない。最終的にはヒュルケンベルクに約0.1秒逆転されて11位となってしまいました。

パーマーがFP3からの好調を維持して楽々Q2を突破しましたが、Q3アタック前に白煙を上げてストップしてしまいました。

Q3でもハミルトンの速さは相変わらずでポールを獲得、ベッテルがなんとか2位を確保しました。

Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

ハミルトンがシューマッハの記録に並ぶ68回目のポールを獲得しました。おめでとう!

やはり高速サーキットでのメルセデスの速さが際立った予選でした。ボッタスはどうしてここまで遅れてしまったのかわからないと発言していましたが、セクター2で0.5秒失っています。

マクラーレンはチームワークを発揮して頑張りアロンソが11位とまずまずの結果、タイム差は絶望的ですけど入賞争いは出来そうです。

かわいそうなのはパーマーせっかくのQ3進出なのに走れず、トラブル詳細は不明だがペナルティなどでグリッドダウンしない事を祈るのみです。

さしぶりのハミルトン、ベッテルのフロントロー対決となる決勝はUSをどこまで使いこなせるのかが鍵になるでしょう。またスパウェザーが演出を広げるのか?その辺りにも注目したいですね。

F1.com動画リンク

FP3⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/8/FP3_action_from_Belgium.html

ハミルトンポールラップ⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/8/Onboard_pole_position_lap_-_Lewis_Hamilton__Belgium_2017.html

予選ハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/8/Qualifying_highlights_-_Belgium_2017.html