ベルギーGPは見ごたえあるコースのスパで開幕しました。ダウンフォースが大幅に増強された今季マシンでのオールージュは必見です。

マクラーレンホンダはバンドーンに新PU(全6エレメント)を投入して35グリッド降格が決定しています。

Sponsored link

ベルギーGPフリー走行①

ドライバー チーム Laps タイム ギャップ
1 キミ ライコネン Ferrari 13 1’45.502
2 ルイス ハミルトン Mercedes 19 1’45.555 0.053
3 セバスチャン ベッテル Ferrari 13 1’45.647 0.145
4 マックス フェルスタッペン Red Bull 18 1’46.302 0.800
5 ダニエル リカルド Red Bull 22 1’46.352 0.850
6 バルテリ ボッタス Mercedes 20 1’46.424 0.922
7 カルロス サインツ Jr. Toro Rosso 22 1’47.446 1.944
8 エステバン オコン Force India 27 1’47.670 2.168
9 ダニール クビアト Toro Rosso 20 1’47.851 2.349
10 ストフェル バンドーン McLaren 18 1’47.865 2.363
11 ジョリオン パーマー Renault 14 1’47.930 2.428
12 ニコ ヒュルケンベルグ Renault 15 1’48.037 2.535
13 フェルナンド アロンソ McLaren 18 1’48.252 2.750
14 セルジオ ペレス Force India 19 1’48.452 2.950
15 ランス ストロール Williams 24 1’48.541 3.039
16 ケビン マグヌッセン Haas 20 1’48.615 3.113
17 ロマン グロージャン Haas 20 1’48.626 3.124
18 マーカス エリクソン Sauber 21 1’50.160 4.658
19 パスカル ウェーレイン Sauber 13 1’51.263 5.761
20 フェリペ マッサ Williams 3
http://www.fia.com/

ベルギーGPフリー走行②

ドライバー チーム Laps タイム ギャップ
1 ルイス ハミルトン Mercedes 17 1’44.753
2 キミ ライコネン Ferrari 21 1’45.015 0.262
3 バルテリ ボッタス Mercedes 17 1’45.180 0.427
4 マックス フェルスタッペン Red Bull 16 1’45.225 0.472
5 セバスチャン ベッテル Ferrari 20 1’45.235 0.482
6 ダニエル リカルド Red Bull 15 1’46.072 1.319
7 ニコ ヒュルケンベルグ Renault 24 1’46.441 1.688
8 エステバン オコン Force India 19 1’46.473 1.720
9 カルロス サインツ Jr. Toro Rosso 19 1’46.561 1.808
10 ジョリオン パーマー Renault 23 1’46.670 1.917
11 フェルナンド アロンソ McLaren 20 1’46.743 1.990
12 セルジオ ペレス Force India 18 1’46.984 2.231
13 ロマン グロージャン Haas 15 1’47.285 2.532
14 ストフェル バンドーン McLaren 17 1’47.303 2.550
15 ダニール クビアト Toro Rosso 12 1’47.450 2.697
16 ケビン マグヌッセン Haas 15 1’47.556 2.803
17 ランス ストロール Williams 13 1’47.861 3.108
18 マーカス エリクソン Sauber 12 1’49.214 4.461
19 パスカル ウェーレイン Sauber 18 1’49.725 4.972


Sponsored link


フリー走行レポート

FP1でいきなりマッサがクラッシュしてしまい赤旗、アゼルバイジャン以降乗りにくくなったウィリアムズは夏休み明けでも改善されていないようだ。

各チームドラッグ減らす工夫をしてきており、ウィングはかなり寝かしてTウィングを外したり、モンキーシートを外したりしているようです。

暑さに関しては気温が20℃と低いためメルセデスのシャークフィンは今回チムニーダクト無し。

レッドブルはリアの空力セッティングを2台違う仕様にしていて、リカルドがTウィング有りでリアウィング極薄、フェルタッペンはTウィング無しでリアウィング薄てな感じ。

https://www.formula1.com/

逆にマクラーレンホンダはFP1で使用した薄リアウィングをやめてFP2ではかなり角度のついたものを使用している。車体で発生するダウンフォースが全然足りていない模様です。

https://twitter.com/McLarenF1

マッサはFP1のクラッシュでモノコックまでダメージがあったらしくFP2も走行出来ず。

FP2は残り20分の時点で雨が降ってきてセッションはほぼ終了しました。

F1.com動画リンク

FP1⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/8/FP1_summary_-_Belgium.html

FP2⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/8/FP2_summary_-_Belgium.html