2018年のF1シートは残すところウィリアムズの1席のみとなっているが、ロバート・クビサは落選して

セルゲイ・シロトキン」がほぼ当確になったとBBCが伝えている。

http://www.bbc.com/

ダニール・クビアトがいなくなり、なんとしてもF1ドライバーを途切れさせたくないロシア側の思惑も絡み、持ち込み資金を増額し1500万ユーロ(約16.2憶円)も用意していると言う。

加えてウィリアムズのプライベートテストでは、クビサよりシロトキンの方が安定して速かったとも言われています。

資金面での優位性も大きいが、2016・2017年テストドライバーとして起用していたルノーも太鼓判を押すほど良いドライバーとの事、これにより20席のF1シートはほぼ決定したとみていいでしょう。

Sponsored link

2018年チーム・パワーユニット・ドライバー

チーム PU 2018ドライバー 国籍
メルセデスAMG ペトロナス モータースポーツ メルセデス ルイス・ハミルトン イギリス
バルテリ・ボッタス フィンランド
スクーデリア フェラーリ フェラーリ セバスチャン・ベッテル ドイツ
キミ・ライコネン フィンランド
アストンマーチン レッドブル レーシング ルノー ダニエル・リカルド オーストラリア
マックス・フェルスタッペン オランダ
サハラ フォースインディア F1チーム メルセデス セルジオ・ぺレス メキシコ
エステバン・オコン フランス
ウィリアムズ マルティニ レーシング メルセデス ランス・ストロール カナダ
セルゲイ・シロトキン ロシア
ルノースポール F1チーム ルノー ニコ・ヒュルケンベルグ ドイツ
カルロス・サインツ スペイン
レッドブル トロロッソ ホンダ ホンダ ピエール・ガスリー フランス
ブレンドン・ハートレー ニュージーランド
ハース F1チーム フェラーリ ロマン・グロージャン フランス
ケビン・マグヌッセン デンマーク
マクラーレン F1チーム ルノー フェルナンド・アロンソ スペイン
ストフェル・バンドーン ベルギー
アルファロメオ ザウバー F1チーム フェラーリ マーカス・エリクソン スウェーデン
シャルル・ルクレール モナコ


Sponsored link


まとめ

クビサはやっぱりあの腕ではどうしようもないよな、私がチーム代表でも採用はしないだろう。2016年までのダウンフォース規則だったら乗れたかもしれないが、今のダウンフォースが増強されたF1マシンはドライビングが本当に難しくなっているし・・。

 

マルティニが25才以上にこだわっていたのは、インドの一部の地域が飲酒25才以上だからなのかな?そこだけだからまぁいいかって事でマルティニ側が折れて決着となったと思われます。

ウィリアムズもここ2年フォースインディアに負けて、分配金が減っているのでペイドラが欲しい状況ではあった。2017年より始まった空力規定への対応のため、マシン開発により重点を置いたチーム運営にしたいのだろう。

 

これでフルタイム新人ドライバーが4名にもなる2018年のF1は、序盤戦のざわつき度が上がりそうで怖いです。

2018年F1テストスケジュール

イベント名 日付
プレシーズンテスト1回目
(バロセロナ)
2月26日
2月27日
2月28日
3月1日
プレシーズンテスト2回目
(バロセロナ)
3月6日
3月7日
3月8日
3月9日
インシーズンテスト1回目
(バロセロナ)
5月15日
5月16日
インシーズンテスト2回目
(ハンンガロリンク)
7月31日
8月1日