バーレーンGPの予選が終わり、メルセデスの強さが目立った結果になりました。予選での各種データ(最高速・セクター別速度とタイム)になります。

Sponsored link

バーレーンGP予選結果

https://www.formula1.com/

予選スピードトラップ(最高速)

POSDRIVERKPHPOSDRIVERKPH
1L. STROLL333.311E. OCON327.8
2L. HAMILTON331.012R. GROSJEAN325.9
3K. RAIKKONEN330.513M. VERSTAPPEN324.7
4S. PEREZ330.314M. ERICSSON324.6
5N. HULKENBERG329.915C. SAINZ324.4
6F. MASSA329.716D. RICCIARDO322.9
7K. MAGNUSSEN329.417D. KVYAT322.4
8S. VETTEL329.318J. PALMER322.2
9P. WEHRLEIN329.119F. ALONSO321.5
10V. BOTTAS328.620S. VANDOORNE319.3

予選セクター別速度

セクター1セクター2セクター3
POSDRIVERKPHDRIVERKPHDRIVERKPH
1V. BOTTAS252.9V. BOTTAS281.2N. HULKENBERG297.1
2L. HAMILTON250.7L. HAMILTON281.1L. HAMILTON296.7
3S. VETTEL250.2L. STROLL279.2V. BOTTAS296.2
4F. MASSA250.0S. PEREZ278.4F. MASSA295.6
5N. HULKENBERG249.4K. RAIKKONEN278.3L. STROLL295.0
6L. STROLL248.8F. MASSA278.2K. RAIKKONEN295.0
7K. RAIKKONEN248.2E. OCON277.6D. KVYAT294.5
8R. GROSJEAN247.4S. VETTEL277.5E. OCON294.4
9D. KVYAT247.0M. ERICSSON275.2M. VERSTAPPEN294.2
10E. OCON247.0P. WEHRLEIN275.2P. WEHRLEIN293.8
11P. WEHRLEIN246.4N. HULKENBERG275.2S. VETTEL293.6
12S. PEREZ246.1J. PALMER274.5F. ALONSO293.4
13F. ALONSO246.1R. GROSJEAN274.2S. PEREZ293.3
14D. RICCIARDO245.7M. VERSTAPPEN274.0C. SAINZ293.0
15M. VERSTAPPEN245.6K. MAGNUSSEN273.9D. RICCIARDO292.6
16J. PALMER245.5C. SAINZ272.5J. PALMER292.5
17C. SAINZ244.8D. KVYAT272.3K. MAGNUSSEN292.5
18K. MAGNUSSEN243.9D. RICCIARDO272.1R. GROSJEAN292.2
19S. VANDOORNE243.4S. VANDOORNE270.1M. ERICSSON291.2
20M. ERICSSON242.6F. ALONSO269.7S. VANDOORNE290.4


Sponsored link


予選セクター別タイム

セクター1セクター2セクター3
POSDRIVERTIMEDRIVERTIMEDRIVERTIME
1V. BOTTAS28.284L. HAMILTON38.262L. HAMILTON22.156
2L. HAMILTON28.316V. BOTTAS38.299V. BOTTAS22.180
3S. VETTEL28.499S. VETTEL38.369S. VETTEL22.294
4K. RAIKKONEN28.552K. RAIKKONEN38.509D. RICCIARDO22.382
5M. VERSTAPPEN28.638D. RICCIARDO38.512K. RAIKKONEN22.427
6D. RICCIARDO28.651M. VERSTAPPEN38.539N. HULKENBERG22.492
7N. HULKENBERG28.671N. HULKENBERG38.679M. VERSTAPPEN22.510
8F. MASSA28.825F. MASSA38.687F. MASSA22.553
9D. KVYAT28.832J. PALMER39.067J. PALMER22.618
10R. GROSJEAN28.885D. KVYAT39.111R. GROSJEAN22.729
11C. SAINZ28.958L. STROLL39.116D. KVYAT22.766
12P. WEHRLEIN29.047R. GROSJEAN39.126L. STROLL22.775
13J. PALMER29.182C. SAINZ39.349P. WEHRLEIN22.832
14F. ALONSO29.250E. OCON39.457E. OCON22.921
15L. STROLL29.261S. PEREZ39.489F. ALONSO23.018
16E. OCON29.273P. WEHRLEIN39.535C. SAINZ23.054
17S. PEREZ29.290F. ALONSO39.551S. VANDOORNE23.118
18K. MAGNUSSEN29.338K. MAGNUSSEN39.625M. ERICSSON23.153
19S. VANDOORNE29.513S. VANDOORNE39.682S. PEREZ23.254
20M. ERICSSON29.544M. ERICSSON39.846K. MAGNUSSEN23.333
https://www.formula1.com/

バーレーンのスピードトラップはメインストレート後の1コーナー手前です。

セクター1は5コーナー手前、セクター2は12コーナー手前、セクター3はフィニッシュラインでの計測になります。

予選後タイヤ状況

http://news.pirelli.com/

予選データ分析

メルセデスのQ3時の速さが際立った予選結果となりました。予選Q2まではフェラーリとは互角なんですが。いきなり0.4秒突き放せるその速さが凄いです。

メルセデスにあるとされる「PUの予選モード」でのパワーアップは脅威ですね。0.4秒だと推定では約20PSぐらい上がると思いますが、その原理は未だに謎です。

ルノーのヒュルケンベルグがいいですね、トップからも1秒差ですからもう少し頑張れば同じPUのレッドブルに近づけるかもしれません。パーマーはQ3で全く奮わなかったのは気がかりですが、ルノーは明らかに良くなっています。

昨年も好結果を出していてるグロージャンが9位と健闘しています。各セクターのスピードの伸びからチームメイトよりダウンフォースを付けている事が推測されます。

ダウンフォースをある程度つけることがここでは重要なのでしょう。

メルセデス、フェラーリはソフトタイヤを2セット残しており決勝の戦略が面白くなりそうです。

マクラーレンホンダ

アロンソはMGU-Hのトラブルでアロンソが予選Q2でタイムを更新できませんでした。バンドーンに出ていたトラブルと一緒との事です。

原因は不明でバーレーンに来てから発生という事ですが、ここまで2戦で違う点は暑さと砂になります。昨年はでていないトラブルなだけに今年のMGU-Hには何かと不安が残りそうな週末になりそうです。

実質的なパワーアップがいつになるのかが待ち遠しいですね、アロンソがモナコ欠場することからモナコ以降であることは確かでしょうけど。