ボッタスの初ポールで予選は締めくくられ終わってみればメルセデスがフロントロー独占、追うベッテルも予選では0.4秒も離されての3位となっています。決勝では路面状況の変化が激しいバーレーンは速いSSタイヤをどのくらいもたせれるかが焦点になるはずです。

Sponsored link

スターティンググリッド

posドライバーposドライバー
1V. ボッタス2L. ハミルトン
3S. ベッテル4D. リカルド
5K. ライコネン6M.フェルタッペン
7N. ヒュケンベルグ8F. マッサ
9R.グロージャン10J.パーマー
11D. クビアト12L. ストロール
13P.ウェーレイン14E.オコン
15F.アロンソ16C.サインツ
17S. バンドーン18S. ペレス
19M. エリクソン20K. マグヌッセン

バーレーンGP決勝リポート

決勝は57周にて争われます。天候は晴れで風がかなり強いですね。バンドーンがまたもMGU-Hのトラブルでグリッドにつけませんでした。

スタートではベッテルがハミルトンの前に、フェルスタッペンが一気に4位まで順位を上げています。

https://www.formula1.com/

ポジションが落ち着いた3週目ではボッタス、ベッテル、ハミルトン、フェルスタッペン、リカルド、マッサ、ライコネンとなっています。

バンドーンは結局ピットスタートすらできませんでした残念です。

前半戦

5週目ボッタス、ベッテル、ハミルトンまでは2秒以内の接近戦となっています。ボッタスがベッテルに終始煽られる展開でその後ろにピッタリハミルトンがついてきています。

トップのボッタスのペースがいまいち上がっていきません。トップ5までは全車1秒以内の攻防でDRSトレイン状態になっています。

8周目ライコネンがやっとマッサをパス前のリカルドを追いかけます。

9週目マグヌッセンが早々にリタイアです。

11周目ベッテルが動きました新品SSへ交換しました。アンダーカット狙いです。

12周目フェルスタッペンもSS交換しました。アウトラップでフェルスタッペンがコースアウトしてリタイアです。

13周目サインツとストロールが1コーナーで接触してストロールがコース上で停止セーフティーカーが出動しました。各車一気にピットインしています。

https://www.formula1.com/

この間にベッテルがトップへ

ベッテル(SS)、ボッタス(SS)、リカルド(S)、ハミルトン(S)、マッサ(S)、ライコネン(SS)のトップ6です。

中盤戦

17周目レース再開ハミルトンがリカルドをパス、抜かれたリカルドはマッサ、ライコネンにも抜かれて6位まで後退しました。Sタイヤが温まりが悪かったようです。

ベッテルが34秒台連発でボッタスを一気に突き放します。

20周目アロンソは11位までポジションを上げています。

ハミルトンはピットインの時にピットレーンで故意に遅く走ったため5秒のピットストップペナルティになってしまいました。

24周目ようやくマッサをライコネンがかわしました。

SSタイヤはメルセデスに合わないようですね、ボッタスは終始オーバーヒート気味だと無線報告をしています。

27周目ハミルトンを前にいかせました。Sタイヤのハミルトンはペースアップしていますラップタイムでベッテルを逆転しました。

31周目にボッタスがピットインSタイヤへ交換してこのまま最後まで行く予定です。

ボッタスがぺースアップ34秒台へ入っています。ベッテルは35秒台のラップです。ボッタスがペースで逆転しました。

33周目ベッテルがピットインSタイヤに交換しました。ボッタスの5秒前へ

アロンソは11位前後でウェーレイン、クビアトとポジション争いをしています。パワーが無い分巧みなドライビングで抜きつ抜かれつの好バトルを展開しています。

https://www.formula1.com/

後半戦

ベッテルが非常にいいペースでトップを快走しています。

37周目やっとライコネンがピットインSへ交換しました。またも不可解なピットタイミングですね、もっと早く入れてあげてほしいです。

40周目リカルドがピットインしSSへ交換しました。

41周目ハミルトンが5秒停止ペナルティをこなしSタイヤへ交換しました。

45周目ベッテルとボッタスの差は10秒となっています。何もなければベッテルの優勝は確実です。

ハミルトンがファーステスト連発でボッタスに急接近しています。

残り10周となりベッテル、ボッタス、ハミルトン、ライコネン、リカルド、マッサとなっています。マッサが落ち着いた走りです。

47周目ハミルトンがボッタスをパスしました。ベッテルを全力で追います。

51周目ハミルトンが凄いぺースでベッテルを追っています。しかしベッテルもこれに反応してペースアップしました差は8秒あります。

55周目アロンソがクビアトに抜かれました。直後にエンジントラブル発生あと2周というところでリタイアです。

https://www.formula1.com/

57周目ベッテルがトップでチェッカーを受けました。ハミルトン、ボッタス、ライコネン、リカルドとつづいています。


Sponsored link


バーレーンGP決勝結果

NoドライバーチームLapsタイム差ピット
15 セバスチャン ベッテルFerrari57 1:33’53.3732
244 ルイス ハミルトンMercedes576.6602
377 バルテリ ボッタスMercedes5720.3972
47 キミ ライコネンFerrari5722.4752
53 ダニエル リカルドRed Bull5739.3462
619 フェリペ マッサWilliams5754.3262
711 セルジオ ペレスForce India571’02.6062
88 ロマン グロージャンHaas571’14.8652
927 ニコ ヒュルケンベルグRenault571’20.1882
1031 エステバン オコンForce India571’35.7112
1194 パスカル ウェーレインSauber561
1226 ダニール クビアトToro Rosso562
1330 ジョリオン パーマーRenault562
1414 フェルナンド アロンソMcLaren543
9 マーカス エリクソンSauber501
55 カルロス サインツ Jr.Toro Rosso121
18 ランス ストロールWilliams121
33 マックス フェルスタッペンRed Bull111
20 ケビン マグヌッセンHaas8
2 ストフェル バンドーンMcLaren0

まとめ

https://www.formula1.com/

フェラーリが2勝目ベッテルがやりました。ソフト側タイヤでペースが速いフェラーリのベッテルの強さが開幕戦オーストラリアの再現となりました。

メルセデスはソフト側タイヤでペースが上がらない、マシン的にはタイヤに熱を入れやすい特性が浮き彫りになり、熱が入りすぎてオーバーヒートしやすいようです。

昨日の予選では逆にフェラーリはソフト側タイヤでの一発のタイムを出すのに苦労しています。

予選はメルセデス、決勝はフェラーリという構図はこのまま続いていきそうです。

 

マクラーレンホンダはとにかくパワーが足りない!アロンソはこんなパワーでレースなんてできないよと無線で叫んでいましたね。たしかに・・・。

エンジン交換なども多くてホンダのスペック2までに年間4基枠が無くなりそうです。

 

ベッテル対ハミルトンほんとに熱いです。

2週間後のロシアでもいいレースに期待しましょう。

バーレーンGPハイライト動画です⇩

https://www.formula1.com/en/video/2017/4/Race_highlights_-_Bahrain_2017.html