バーレーンGPが4月14日に開幕しました。F1界はもっぱらアロンソのインディ参戦とモナコGPのアロンソの代役ドライバーがバトンとなって話題をさらっていますが今注目すべきはF1第3戦の行方でしょう。

今回からウェーレインが復帰しています。中国ではジョビナッツィが手痛い洗礼を受けていますが、正ドライバーであるウェーレインはどうか?気になる点でもあります。

メルセデス対フェラーリは今年最後まで熱い戦いをしてくれるはずです。中国とはまた違ったサーキットでの戦いは必見です。

http://www.fia.com/
Sponsored link

バーレーンGPフリー走行①

NoドライバーチームLapsタイムギャップ
15 セバスチャン ベッテルFerrari211’32.697
23 ダニエル リカルドRed Bull221’33.0970.400
333 マックス フェルスタッペンRed Bull231’33.5660.869
411 セルジオ ペレスForce India221’34.0951.398
519 フェリペ マッサWilliams241’34.2461.549
618 ランス ストロールWilliams251’34.3221.625
731 エステバン オコンForce India231’34.3321.635
814 フェルナンド アロンソMcLaren141’34.3721.675
98 ロマン グロージャンHaas211’34.5641.867
1044ルイス ハミルトンMercedes281’34.6361.939
1126 ダニール クビアトToro Rosso131’34.8382.141
1227 ニコ ヒュルケンベルグRenault131’34.9272.230
132 ストフェル バンドーンMcLaren101’34.9972.300
1477 バルテリ ボッタスMercedes271’35.0022.305
1530ジョリオン パーマーRenault191’35.0682.371
1620 ケビン マグヌッセンHaas211’35.5792.882
179 マーカス エリクソンSauber231’35.8883.191
1894 パスカル ウェーレインSauber231’35.9593.262
1955 カルロス サインツ Jr.Toro Rosso161’36.0793.382
207 キミ ライコネンFerrari61’42.3339.636

バーレーンGPフリー走行②

NoドライバーチームLapsタイムギャップ
15 セバスチャン ベッテルFerrari291’31.310
277 バルテリ ボッタスMercedes351’31.3510.041
33ダニエル リカルドRed Bull281’31.3760.066
47 キミ ライコネンFerrari341’31.4780.168
544 ルイス ハミルトンMercedes351’31.5940.284
627 ニコ ヒュルケンベルグRenault371’31.8830.573
719 フェリペ マッサWilliams371’32.0790.769
833 マックス フェルスタッペンRed Bull181’32.2450.935
98 ロマン グロージャンHaas341’32.5051.195
1026 ダニール クビアトToro Rosso351’32.7071.397
1120 ケビン マグヌッセンHaas331’32.8541.544
1231 エステバン オコンForce India381’32.8751.565
1330 ジョリオン パーマーRenault381’32.8761.566
1414 フェルナンド アロンソMcLaren311’32.8971.587
1511 セルジオ ペレスForce India341’33.3192.009
1618 ランス ストロールWilliams361’33.3612.051
179 マーカス エリクソンSauber341’33.9442.634
1855 カルロス サインツ Jr.Toro Rosso51’34.0722.762
1994 パスカル ウェーレインSauber291’34.1172.807
202 ストフェル バンドーンMcLaren81’34.2302.920

フリー走行レポート

気温36度、路面温度46度の暑い中行われたFP1では、ライコネンのターボがオーバーヒートして白煙を上げて停止してしまう。ベッテルは最速タイムを記録していますが、メルセデスはアタックラップを行わずロングランを実施てしています。

バンドーンはまたもトラブルでPU交換を実施FP2終盤でやっと走り出しています。ちょっと心配ですねアロンソの方はトラブルなく走っています。

https://www.formula1.com/

サインツはFP2早々に白煙を上げて停止してしまっています。ベッテルも電源が落ちるトラブルで1回止まりましたがすぐに復帰しています大きなトラブルではなさそうですね。

メルセデスはボッタスがまたTウィングが脱落していて、丁度ハミルトンの横を走っている時でハミルトンが無線でチームに報告していました。なんでボッタスの方だけ外れるのかな?危ない危ない!早くやめさせて下さい重大事故にならないうちに禁止にするべきでしょう。

ハミルトンはアタックラップがことごとくクリアラップが取れずにイライラ状態でした。タイムシートでは5位ですが間違いなくトップタイムペースはあります。

https://www.formula1.com/


Sponsored link


ラップタイム分析

メルセデスとフェラーリのロングラン時のラップタイムの一部です。()内はタイヤの使用ラップ数になります。

ベッテルライコネンハミルトンボッタス
S(3~15)SS(11~23)S(3~10)SS(9~24)
1:35.9661:35.8711:35.8321:35.733
1:37.3581:36.2131:37.5041:36.314
1:39.2331:36.5671:36.0561:36.845
1:36.6691:36.5771:36.0771:39.337
1:37.1761:37.0831:36.7431:37.771
1:37.2121:37.2611:36.7171:36.485
1:37.5101:37.3721:37.3611:37.784
1:38.2601:38.4681:35.9501:37.480
1:36.9421:48.3651:45.544
1:37.0491:37.3831:37.109
1:37.7521:37.6531:37.327
1:37.4331:38.1321:37.538
1:37.0681:37.4011:37.987
1:37.875
1:37.889
1:37.948

SSタイヤは速いですね、走り出し時はSより1秒は速い感じです、ボッタスのデータはSS(9~24周)になりますが20周すぎからのタイムの落ち込みが激しいですね。SSは20周までと考えた方が良さそうです。

Sタイヤとの差を考えると、アンダーカットしたいならSS投入とか状況しだいになりそう、実質オーバーテイクは難しそうなので、戦略勝負になりそうです。

基本的にはトラックポジションキープですので予選がとにかく勝負ですね。今のところメルセデスの方がマシンからのグリップ感をつかむのにドライバーが苦労しています。

F1.comのハイライト動画

FP1⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/4/FP1_summary_-_Bahrain.html

FP2⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/4/FP2_summary_-_Bahrain.html

2014年バーレーン:ハミルトンとロズベルグの熱いバトル⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/4/Classic_Onboard_-_Rosberg_and_Hamilton’s_’Duel_in_the_desert’.html

まとめ

決勝57周のレースは間違いなく2ストップでしょう。SS走り出してSで2回つなぐか、SS⇒Sで繋ぐかの戦略勝負になりそうです。

トップチーム間での追い抜きは実質不可能なので予選は絶対にミスできないしスタートも重要になります。

マクラーレンホンダはバンドーンばかりにトラブルが集中していてかわいそう。バンドーンをしっかり走らせてあげてほしいですね。

今回ばかりはアロンソでも上位進出はきつそうです。前方のアクシデントに期待するしかないかな。