9月10日に行われた2017年スーパーフォーミュラの第5戦オートポリスで、前戦もてぎに引き続きガスリーが優勝を飾った。

オートポリスはテクニカルサーキットでエンジン差が出にくいため、苦戦しているホンダ勢にもチャンスがあるとガスリー自ら発言していた事もあり、まさに有言実行を成し遂げた形だ。

Sponsored link

スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス結果

ドライバーチーム / エンジンLaps/タイヤギャップBestTime
車両:SF14 / タイヤ:ヨコハマ
タイヤ表示はJRP調べ
1ピエール・ガスリーTEAM MUGEN SF14

Honda HR-417E

54
S/M
1:24’28.6191’31.923
2フェリックス・

ローゼンクヴィスト

SUNOCO TEAM LEMANS SF14

TOYOTA RI4A

54
M/S
1.5581’32.087
3大嶋 和也SUNOCO TEAM LEMANS SF14

TOYOTA RI4A

54
M/S
7.6381’31.533
4石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING SF14

TOYOTA RI4A

54
M/S
8.5551’31.885
5国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING SF14

TOYOTA RI4A

54
M/S
9.0091’32.235
6中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF14

TOYOTA RI4A

54
M/S
9.4571’30.813
7小林 可夢偉KCMG Elyse SF14

TOYOTA RI4A

54
M/S
14.4631’31.470
8ヤン・

マーデンボロー

ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14

TOYOTA RI4A

54
S/M/S
14.9801’30.197
9塚越 広大REAL SF14

Honda HR-417E

54
S/M
31.1501’32.544
10関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14

TOYOTA RI4A

54
S/S/M
44.6991’30.896
11中嶋 大祐TCS NAKAJIMA RACING SF14

Honda HR-417E

54
M/S
44.8741’32.190
12小暮 卓史B-Max Racing team SF14

Honda HR-417E

54
M/S/S
51.5091’30.419
13山下 健太FUJI×raffinee KONDO SF14

TOYOTA RI4A

54
M/S
53.1251’31.385
14野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40S SF14

Honda HR-417E

53
M/S
1Lap1’31.899
15伊沢 拓也DOCOMO DANDELION M41Y SF14

Honda HR-417E

53
S/M/S
1Lap1’30.368
以上完走 (48Laps)
山本 尚貴TEAM MUGEN SF14

Honda HR-417E

38
M/S
16Laps1’31.225
ニック・キャシディFUJI×raffinee KONDO SF14

TOYOTA RI4A

18
S/M
36Laps1’32.942
ナレイン・

カーティケヤン

TCS NAKAJIMA RACING SF14

Honda HR-417E

1
S/S
53Laps
アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S SF14

TOYOTA RI4A

1
M
53Laps

今回のレース、ガスリーはミディアムスタートドライバーが多かったため、急遽ソフトスタートに切り替えた。

2位走行中の23周目にピットインしてミディアムへ給油もすませ8位で復帰。前を走っていた車がピットインしていく中、労せずしてトップに立つとそのままチェッカーを受けている。

面白い作戦をしたのがチームルマンで5,6周目にM⇒Sへ交換して最後まで走り切り2位、3位と表彰台を獲得している。ソフトタイヤで50周近く走れるなんてSFのソフト全然ダメじゃんよ、もっとソフト寄りでいいんじゃない。

スーパーフォーミュラポイントランキング

 順Noドライバー123 456 7
*表中ポイント数字の 太字:優勝 下線:予選ポールポジション
12石浦 宏明50.55105530.5
215ピエール・ガスリー14101025
37フェリックス・ローゼンクヴィスト2.586824.5
436アンドレ・ロッテラー4536220
537中嶋 一貴112316
619関口 雄飛55515
718小林 可夢偉2.528214.5
81国本 雄資61411
916山本 尚貴820.510.5
103ニック・キャシディ347
114山下 健太11.546.5
128大嶋 和也66
1341伊沢 拓也134
1420ヤン・マーデンボロー1.5113.5
1510塚越 広大33
1664中嶋 大祐22
1740野尻 智紀112
50小暮 卓史
65ナレイン・カーティケヤン


Sponsored link


ガスリーがマレーシアからトロロッソ?

この決勝前から噂された話題で、サインツが早ければマレーシアGPよりルノードライバーになるとの噂が飛び込んできた。その場合ガスリーはマレーシアからトロロッソに昇格になると。

そんな噂をものともせずに優勝したガスリー、いやそんな噂を聞いたからこそ優勝したガスリー。

空気読んでるねぇ!!かなり優秀だと認めざるを得ないわ。間違いなくもってます。

 

このガスリーの優勝ってほんとタイムリーですよ。話題のホンダとトロロッソどちらにも関係するドライバーなんですから!

いやはや面白い世界だなぁF1・・。