スペインGP予選は、メルセデスのハミルトンとフェラーリのベッテルが僅差でフロントローに並びました。予選での各種データ(最高速・セクター別速度とタイム)になります。

Sponsored link

スペインGP予選結果

ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 ギャップ
1 ルイス ハミルトン Mercedes 1:20.511 1:20.210 1:19.149
2 セバスチャン ベッテル Ferrari 1:20.939 1:20.295 1:19.200 0.051
3 バルテリ ボッタス Mercedes 1:20.991 1:20.300 1:19.373 0.224
4 キミ ライコネン Ferrari 1:20.742 1:20.621 1:19.439 0.290
5 マックス フェルスタッペン Red Bull 1:21.430 1:20.722 1:19.706 0.557
6 ダニエル リカルド Red Bull 1:21.704 1:20.855 1:20.175 1.026
7 フェルナンド アロンソ McLaren 1:22.015 1:21.251 1:21.048 1.899
8 セルジオ ペレス Force India 1:21.998 1:21.239 1:21.070 1.921
9 フェリペ マッサ Williams 1:22.138 1:21.222 1:21.232 2.083
10 エステバン オコン Force India 1:21.901 1:21.148 1:21.272 2.123
11 ケビン マグヌッセン Haas 1:21.945 1:21.329 2.180
12 カルロス サインツ Jr. Toro Rosso 1:21.941 1:21.371 2.222
13 ニコ ヒュルケンベルグ Renault 1:22.091 1:21.397 2.248
14 ロマン グロージャン Haas 1:21.822 1:21.517 2.368
15 パスカル ウェーレイン Sauber 1:22.327 1:21.803 2.654
16  マーカス エリクソン Sauber 1:22.332 3.183
17 ジョリオン パーマー Renault 1:22.401 3.252
18 ランス ストロール Williams 1:22.411 3.262
19 ストフェル バンドーン McLaren 1:22.532 3.383
20 ダニール クビアト Toro Rosso 1:22.746 3.597

予選スピードトラップ(最高速)

POS DRIVER KPH POS DRIVER KPH
1 5 S. VETTEL 326.5 11 77 V. BOTTAS 321.4
2 31 E. OCON 325.7 12 8 R. GROSJEAN 320.4
3 7 K. RAIKKONEN 325.2 13 27 N. HULKENBERG 319.0
4 19 F. MASSA 325.0 14 55 C. SAINZ 318.4
5 20 K. MAGNUSSEN 323.4 15 94 P. WEHRLEIN 318.4
6 18 L. STROLL 323.4 16 9 M. ERICSSON 316.9
7 3 D. RICCIARDO 323.0 17 30 J. PALMER 316.2
8 11 S. PEREZ 322.8 18 26 D. KVYAT 315.3
9 44 L. HAMILTON 322.7 19 14 F. ALONSO 314.1
10 33 M. VERSTAPPEN 322.2 20 2 S. VANDOORNE 310.2
https://www.formula1.com/

予選セクター別速度

INTERMEDIATE 1 INTERMEDIATE 2 FINISH LINE
POS DRIVER KPH DRIVER KPH DRIVER KPH
1 7 K. RAIKKONEN 297.5 20 K. MAGNUSSEN 301.0 5 S. VETTEL 290.8
2 44 L. HAMILTON 296.8 8 R. GROSJEAN 300.5 7 K. RAIKKONEN 290.2
3 77 V. BOTTAS 294.1 5 S. VETTEL 298.9 33 M. VERSTAPPEN 289.8
4 5 S. VETTEL 293.5 44 L. HAMILTON 298.3 19 F. MASSA 289.3
5 31 E. OCON 290.9 7 K. RAIKKONEN 296.6 44 L. HAMILTON 289.3
6 9 M. ERICSSON 290.7 77 V. BOTTAS 293.5 3 D. RICCIARDO 288.8
7 20 K. MAGNUSSEN 290.4 14 F. ALONSO 288.3 31 E. OCON 288.6
8 3 D. RICCIARDO 290.3 26 D. KVYAT 288.0 77 V. BOTTAS 288.1
9 11 S. PEREZ 290.1 55 C. SAINZ 287.8 18 L. STROLL 287.3
10 19 F. MASSA 289.6 94 P. WEHRLEIN 286.3 11 S. PEREZ 286.7
11 33 M. VERSTAPPEN 289.3 19 F. MASSA 286.0 20 K. MAGNUSSEN 286.3
12 8 R. GROSJEAN 289.0 3 D. RICCIARDO 285.8 27 N. HULKENBERG 285.1
13 27 N. HULKENBERG 288.0 11 S. PEREZ 285.1 55 C. SAINZ 284.3
14 30 J. PALMER 288.0 33 M. VERSTAPPEN 284.6 94 P. WEHRLEIN 284.2
15 18 L. STROLL 287.7 27 N. HULKENBERG 282.8 9 M. ERICSSON 284.0
16 26 D. KVYAT 286.2 18 L. STROLL 282.2 30 J. PALMER 284.0
17 94 P. WEHRLEIN 285.8 31 E. OCON 281.4 14 F. ALONSO 283.6
18 14 F. ALONSO 285.6 9 M. ERICSSON 274.8 8 R. GROSJEAN 283.4
19 55 C. SAINZ 285.0 30 J. PALMER 273.9 26 D. KVYAT 282.5
20 2 S. VANDOORNE 284.2 2 S. VANDOORNE 268.5 2 S. VANDOORNE 282.4

予選セクター別タイム

SECTOR 1 SECTOR 2 SECTOR 3
POS DRIVER TIME DRIVER TIME DRIVER TIME
1 7 K. RAIKKONEN 21.616 5 S. VETTEL 29.440 44 L. HAMILTON 27.647
2 5 S. VETTEL 21.626 44 L. HAMILTON 29.537 77 V. BOTTAS 27.912
3 44 L. HAMILTON 21.730 77 V. BOTTAS 29.543 33 M. VERSTAPPEN 27.965
4 77 V. BOTTAS 21.752 7 K. RAIKKONEN 29.657 7 K. RAIKKONEN 28.055
5 3 D. RICCIARDO 21.874 33 M. VERSTAPPEN 29.862 5 S. VETTEL 28.106
6 33 M. VERSTAPPEN 21.879 3 D. RICCIARDO 29.960 3 D. RICCIARDO 28.283
7 31 E. OCON 22.040 14 F. ALONSO 30.295 11 S. PEREZ 28.387
8 19 F. MASSA 22.041 20 K. MAGNUSSEN 30.380 14 F. ALONSO 28.444
9 11 S. PEREZ 22.101 55 C. SAINZ 30.398 31 E. OCON 28.464
10 8 R. GROSJEAN 22.123 8 R. GROSJEAN 30.475 27 N. HULKENBERG 28.620
11 20 K. MAGNUSSEN 22.123 19 F. MASSA 30.504 19 F. MASSA 28.635
12 55 C. SAINZ 22.243 31 E. OCON 30.507 55 C. SAINZ 28.695
13 27 N. HULKENBERG 22.264 27 N. HULKENBERG 30.513 20 K. MAGNUSSEN 28.703
14 14 F. ALONSO 22.300 11 S. PEREZ 30.521 94 P. WEHRLEIN 28.710
15 94 P. WEHRLEIN 22.330 94 P. WEHRLEIN 30.697 8 R. GROSJEAN 28.732
16 18 L. STROLL 22.394 26 D. KVYAT 30.787 9 M. ERICSSON 28.866
17 30 J. PALMER 22.486 2 S. VANDOORNE 30.791 2 S. VANDOORNE 28.944
18 9 M. ERICSSON 22.510 9 M. ERICSSON 30.839 18 L. STROLL 28.966
19 26 D. KVYAT 22.668 30 J. PALMER 30.860 30 J. PALMER 29.055
20 2 S. VANDOORNE 22.714 18 L. STROLL 31.051 26 D. KVYAT 29.186


Sponsored link


予選後タイヤ状況

https://twitter.com/pirellisport

予選データ分析

最高速とストレート区間が多いセクター1でなんとフェラーリの方が優勢となっています。メルセデスは最高速でフェラーリから約5km/h遅い、このことからもメルセデスは抵抗の大きい空力セッティングなっています。

特にセクター3に照準を合わせたセッティングになっています、決勝でもこのセクター3が速い事でホームストレートで抜かれることは無くなります。

 

トップ4は誰でも優勝できるチャンスがある、まずはスタートが重要で1コーナーまでのストレートが長いのでスリップを使われるフロントローはちょっと不利です。

タイヤ戦略はソフト・ソフト・ミディアムになるのは間違いないですが、秒単位の戦いの中ソフトタイヤの交換時期が優勝するためには重要なポイントとなります。

マクラーレンホンダ

http://www.mclaren.com/formula1/

アロンソのセクター2・3のタイムが異常ともいえる好タイムです。どうやったらあのパワーでこんなタイムがだせるのか!まさに神ドライブでした。

バンドーンがこの予選では苦戦してしまい、Q1時点でアロンソから0.5秒遅れてしまって敗退しています。

バンドーンは決して遅くないドライバーですがまだまだ経験が必要ですね、アロンソという素晴らしいチームメイトがいるのでデータをみてどこが遅いか把握し追いついてもらいたいです。

ホンダの信頼性ははっきりいって未知数です、アロンソのギリギリドライブに決勝66周耐えてくれるのか不安です。