最後のフリー走行でも調子の上がらないフェラーリが心配でしたが、見事にベッテルがポールポジションを獲得。続いてレッドブルのフェルスタッペン、リカルドとなっています。

マクラーレンホンダは8,9番手を確保しています。

Sponsored link

シンガポールGP予選結果

ドライバーチームQ1Q2Q3ギャップ
1セバスチャン ベッテルFerrari1:43.3361:40.5291:39.491
2マックス フェルスタッペンRed Bull1:42.0101:40.3321:39.8140.323
3ダニエル リカルドRed Bull1:42.0631:40.3851:39.8400.349
4キミ ライコネンFerrari1:43.3281:40.5251:40.0690.578
5ルイス ハミルトンMercedes1:42.4551:40.5771:40.1260.635
6バルテリ ボッタスMercedes1:43.1371:41.4091:40.8101.319
7ニコ ヒュルケンベルグRenault1:42.5861:41.2771:41.0131.522
8フェルナンド アロンソMcLaren1:42.0861:41.4421:41.1791.688
9ストフェル バンドーンMcLaren1:42.2221:41.2271:41.3981.907
10カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1:42.1761:41.8261:42.0562.565
11ジョリオン パーマーRenault1:42.4721:42.1072.616
12セルジオ ペレスForce India1:43.5941:42.2462.755
13ダニール クビアトToro Rosso1:42.5441:42.3382.847
14エステバン オコンForce India1:43.6261:42.7603.269
15ロマン グロージャンHaas1:43.6271:43.8834.392
16ケビン マグヌッセンHaas1:43.7564.265
17フェリペ マッサWilliams1:44.0144.523
18ランス ストロールWilliams1:44.7285.237
19パスカル ウェーレインSauber1:45.0595.568
20マーカス エリクソンSauber1:45.5706.079

予選レポート

シンガポールGPの予選は気温28℃、路面温度33℃で始まりました。

Q1からレッドブル勢が快調なペースで1,2体制をキープしています。どんどん路面が良くなっていって時間ギリギリのアタック合戦が白熱。ウィリアムズが2台共Q1落ち。最高のエンジンがあっても路面に伝わらなければ意味はないと体現してくれています。

Q2でもレッドブルが1,2体制をキープ。フェラーリが3,4番手に上がってきました。5番手にハミルトンがいて後ろは混戦模様です。マクラーレンホンダが2台ともQ2突破。

Q3では1回目のアタックからベッテルが最速タイムを記録。フェルスタッペン、リカルドと続く。2回目のアタックでもベッテルが最速タイムを叩き出しポール。白熱のアタック合戦でした。

Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

フェルタッペンがFP3からの好調を維持してQ1、Q2とトップで通過してこのままQ3もトップ通過で最年少ポールポジション記録かと思われましたが、ベッテルが素晴らしいドライビングで逆転ポール。

ずっと調子の出なかったフェラーリベッテルが、徐々にマシンを合わせていき最後の最後で自分の手足のように動くマシンに仕上げた。ピークへのもって行き方が最高にカッコいい予選でした。

メルセデスは前に4台も行かれてしまい成すすべ無し、やっぱりロングホイールベースは小回りが利かないよでうです。ハミルトンのオンオード見てるとハンドル切って一瞬遅れて車が曲がりだすようなそんな印象を受けました。

レッドブルはハンドルと車がリニアに反応してオン・ザ・レールドライブで安定しています。

決勝ではベッテル、フェルタッペンが並んだスタートですがちょっとこわいね。フェルスタッペンは失うものがないからね突っ込みすぎなきゃいいけど。

F1.com動画リンク

予選⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/9/Qualifying_highlights_-_Singapore_2017.html

ポールラップ⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/9/Onboard_pole_position_lap_-_Sebastian_Vettel__Singapore_2017.html