2017年のF1第7戦カナダグランプリは6月10日にフリー走行③と公式予選がおこなわれました。金曜日でのFP1ではメルセデス、FP2ではフェラーリがベストタイムを記録しています。

Sponsored link

カナダGPフリー走行③

ドライバーチームLapsタイムギャップ
1セバスチャン ベッテルFerrari201’12.572
2キミ ライコネンFerrari191’12.8640.292
3ルイス ハミルトンMercedes221’12.9260.354
4マックス フェルスタッペンRed Bull221’12.9650.393
5バルテリ ボッタスMercedes241’13.2100.638
6ニコ ヒュルケンベルグRenault201’13.4930.921
7フェリペ マッサWilliams221’13.5270.955
8ダニエル リカルドRed Bull351’13.5450.973
9エステバン オコンForce India261’13.6351.063
10カルロス サインツ Jr.Toro Rosso221’13.6671.095
11ダニール クビアトToro Rosso231’13.7881.216
12フェルナンド アロンソMcLaren181’13.8851.313
13セルジオ ペレスForce India271’13.9561.384
14ロマン グロージャンHaas191’13.9941.422
15ジョリオン パーマーRenault221’14.1021.530
16ストフェル バンドーンMcLaren221’14.2281.656
17ケビン マグヌッセンHaas181’14.3921.820
18ランス ストロールWilliams251’14.4091.837
19マーカス エリクソンSauber251’14.8832.311
20パスカル ウェーレインSauber251’14.9652.393

フリー走行③レポート

各チーム予選想定アタックを繰り返し行っています。タイヤのウォームアップとエネルギーチャージラップに1周はどうしても必要な状況です。

フェラーリ勢が良いタイムで順調な仕上がりをアピールし、メルセデスが続く展開となっています。各車トラブルもなく順調なFP3でした。

http://www.fia.com/

カナダGP予選結果

ドライバーチームQ1Q2Q3ギャップ
1ルイス ハミルトンMercedes1:12.6921:12.4961:11.459
2セバスチャン ベッテルFerrari1:13.0461:12.7491:11.7890.330
3バルテリ ボッタスMercedes1:12.6851:12.5631:12.1770.718
4キミ ライコネンFerrari1:13.5481:12.5801:12.2520.793
5マックス フェルスタッペンRed Bull1:13.1771:12.7511:12.4030.944
6ダニエル リカルドRed Bull1:13.5431:12.8101:12.5571.098
7フェリペ マッサWilliams1:13.4351:13.0121:12.8581.399
8セルジオ ペレスForce India1:13.4701:13.2621:13.0181.559
9エステバン オコンForce India1:13.5201:13.3201:13.1351.676
10ニコ ヒュルケンベルグRenault1:13.8041:13.4061:13.2711.812
11ダニール クビアトToro Rosso1:13.8021:13.6902.231
12フェルナンド アロンソMcLaren1:13.6691:13.6932.234
13カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1:14.0511:13.7562.297
14ロマン グロージャンHaas1:13.7801:13.8392.380
15ジョリオン パーマーRenault1:13.9901:14.2932.834
16ストフェル バンドーンMcLaren1:14.1822.723
17ランス ストロールWilliams1:14.2092.750
18ケビン マグヌッセンHaas1:14.3182.859
19マーカス エリクソンSauber1:14.4953.036
20パスカル ウェーレインSauber1:14.8103.351

予選レポート

Q1では残り1分のところでウェーレインが1コーナーでスピンしリアからクラッシュして黄旗になり、最終アタックでタイム更新できなかったドライバーが多数。フェラーリのみSSでQ1をクリアしている。

https://www.formula1.com/

Q2以降台数が減りクリアラップをとれるようになってからはハミルトンが一気にペースアップして、ベッテルより先にタイムを出す展開となる。

Q3でもハミルトンの優位は変わらずに先にアタックしてタイムを出しプレッシャーをかける。ベッテルはうまくタイヤをレンジに入れられなかったのか、ヘアピンでタイヤをロックさせてしまう。

ハミルトンは一人だけ異次元な走りを披露してセナに並ぶ65回目のポールポジションを獲得しました。


Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

予選になるとメルセデスが一気に攻勢になり、フェラーリは後手後手な展開へ。

金曜日から土曜日の間のセッティング修正でメルセデスの走りに切れが戻ったようです。特にハミルトンは一人異次元的な走りを披露しています。

メルセデスの安定性は抜群で縁石に乗っているのに全く姿勢が乱れないのが脅威的でした。

ハミルトンはこれでセナに並ぶ65回目のポールを獲得。サプライズプレゼントでキャメルロータス時代にセナが実際使用していたヘルメットを受け取った。

おめでとうハミルトン!

https://www.formula1.com/

F1.com動画リンク

FP3ハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/6/FP3_action_from_Canada.html

ポールラップ⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/6/Onboard_pole_position_lap_-_Lewis_Hamilton__Canada_2017.html

セナのヘルメットを受け取るハミルトン⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/6/Hamilton_gifted_helmet_after_matching_Senna’s_pole_record.html

予選ハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/6/Qualifying_highlights_-_Canada_2017.html