2016年のF1はもう7戦目になりました。カナダでの加速競争レースのスタートです。

 

公園内の管理道路を使ったコースで低ミューな路面のコースであり。今回もウルトラソフトが登場します。

circuit-f1-07-canada_1

Sponsored link

カナダGPフリー走行①

順位ドライバーチームタイムラップ数
1L.ハミルトンメルセデスAMG1:14.75522
2N.ロズベルグメルセデスAMG1:15.08630
3S.ベッテルフェラーリ1:15.24322
4M.フェルスタッペンレッドブル1:15.55329
5K.ライコネンフェラーリ1:15.61823
6V.ボッタスウィリアムズ1:16.30130
7N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:16.46424
8C.サインツトロ・ロッソ1:16.54321
9S.ペレスフォース・インディア1:16.57725
10F.アロンソマクラーレン1:16.66318
11D.リカルドレッドブル1:16.73428
12J.バトンマクラーレン1:16.7888
13R.グロージャンハース1:17.00822
14F.マッサウィリアムズ1:17.0657
15D.クビアトトロ・ロッソ1:17.31024
16E.グティエレスハース1:17.31924
17F.ナスルザウバー1:17.85521
18R.ハリアントマノー1:18.10321
19M.エリクソンザウバー1:18.1298
20K.マグヌッセンルノー1:18.40913
21P.ウェーレインマノー1:18.45330
22J.パーマールノー1:18.58328

カナダGPフリー走行②

順位ドライバーチームタイムラップ数
1L.ハミルトンメルセデスAMG1:14.21243
2S.ベッテルフェラーリ1:14.46945
3N.ロズベルグメルセデスAMG1:14.73846
4M.フェルスタッペンレッドブル1:15.15629
5D.リカルドレッドブル1:15.16843
6V.ボッタスウィリアムズ1:15.21346
7J.バトンマクラーレン1:15.21335
8K.ライコネンフェラーリ1:15.23443
9N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:15.32150
10C.サインツトロ・ロッソ1:15.41042
11F.アロンソマクラーレン1:15.45040
12S.ペレスフォース・インディア1:15.49347
13F.マッサウィリアムズ1:15.51344
14D.クビアトトロ・ロッソ1:15.55942
15R.グロージャンハース1:16.09335
16K.マグヌッセンルノー1:16.25539
17F.ナスルザウバー1:16.58240
18E.グティエレスハース1:16.59132
19M.エリクソンザウバー1:16.90251
20J.パーマールノー1:17.00148
21P.ウェーレインマノー1:17.02332
22R.ハリアントマノー1:17.42349

モナコで優勝したハミルトンは両セッションでトップタイムをマークしています。得意のコースでいまのところまったくもって隙が無くウルトラソフトタイヤで安定したラップを披露。

 

 

25周以上走れています。今回決勝での使用義務があるのはソフトタイヤのみなので、ウルトラで行けるとこまで行ってソフトに替えて最後まで走る1ストップになりそうですね。

 

 

この戦略ができるのチームは、メルセデスとレッドブルだけでしょう。他のチームはウルトラをいい状態で長い周回走る事はできません。

 

 

この2チームのマシンのサスペンションは本当にいい動きしてますよね、上下にものすごく動いて路面をとらえているのですが、マシン全体のバランスがまったくもって崩れません。

 

93年あたりで使われていたアクティブサスペンションのような動きしてます。

他チームとの差はこのサスペンションによるところが非常に大きいように感じます。

 

ここ2戦チームのミスで優勝を逃してるリカルドは、なんとなく元気がない感じですね。マシン的には最高のレッドブルなのでタイヤにやさしい利点を生かしフェラーリあたりとはいい勝負ができそうです。

 

メルセデスとの勝負はやはりパワー的にはきつそうに感じます。

 

 

 

マクラーレンは空力アップデートを持ち込んでいます。しかし安定しないシャシーは相変わらずでドライバーの腕で何とかしている状態ですね。

マクラーレンはポイントとれれば今回はいいのではないでしょうか。ターボのアップデートを持ち込んでいるようですが目に見えて速いわけではありませんね。

 

 

フェラーリも新ターボを持ち込んでいて、メルセデスとほぼ同等のトップスピードを記録していています。しかしベッテル・ライコネンもに表情が冴えません。

image23_img_640_medium

車体側の問題がまだまだ解決できていないようですので、ベッテルがどこまで引き出せるのかに注目ですね、今回もウルトラで予選失速すればフェラーリの今季優勝は難しくなってくるかもですね。