2017年最終戦時点での各メーカーのエンジン(PU)パワーの差がほぼ明確になりました。これにより2018年におけるパワー差も予測がつきやすくなると思います。

2017年F1エンジン(パワーユニット)の馬力!ホンダ881馬力

サーキット毎のパワーエフェクト(パワーによるタイムへの影響度合い)を知っておけば、車体側とPU側どちらの差が出ているのかわかりやすくなるので一覧を作ってみました。

Sponsored link

F1サーキット別パワーエフェクト一覧

GP サーキット 1周(km) 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) km×%
MON モンテカルロ市街地 3.337 50 166.43 0.10 1.67
MEX エルマノス・ロドリゲス 4.304 47 202.57 0.14 2.02
SIN マリーナベイ 5.065 47 183.27 0.15 2.38
HUN ハンガロリンク 4.381 55 206.77 0.15 2.41
BRA インテルラゴス 4.309 62 227.04 0.18 2.67
AUT レッドブルリンク 4.326 66 241.93 0.19 2.86
CAN ジル・ヴィルヌーブ 4.361 67 219.70 0.20 2.92
CHN 上海 5.451 55 214.04 0.20 3.00
ESP カタロニア 4.655 65 211.72 0.20 3.03
AZE バクー市街地 6.003 56 214.83 0.25 3.36
BRN バーレーン 5.412 64 219.48 0.23 3.46
USA COTA 5.515 63 213.15 0.23 3.47
UAE ヤス・マリーナ 5.554 63 207.77 0.24 3.50
RUS ソチ・オートドローム 5.848 60 206.85 0.25 3.51
MAS セパン 5.543 65 221.53 0.24 3.60
AUS アルバート・パーク 5.303 70 232.28 0.25 3.71
JPN 鈴鹿サーキット 5.807 65 239.41 0.25 3.77
GBR シルバーストン 5.891 66 244.89 0.25 3.89
ITA モンツァ 5.793 75 253.00 0.30 4.34
BEL スパ・フランコルシャン 7.004 70 245.86 0.29 4.90

PE(10kw)=パワーエフェクト10kwごとの影響タイム(s)

黄色のラインの部分は、日本人F1ジャーナリストの米家さんの情報(https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/motorsports/motorsports/f1/)によるものです。その他は私の完全なる推測数値となっています。

推測するためにアクセル全開時の距離(1周×全開率)順に並んでます。ほとんどはこの数値に比例する形でパワーエフェクトが増えていくように設定し、サーキット特性による微調整をしました。

Sponsored link


まとめ

パワーエフェクト数値は2017年のダウンフォースの増加により、過去に公表されていた数値と大きく変わっています。過去のデータを調べてみたものの納得のいくものが余りにも少なかったので作成しました。

サーキットごとの平均速度やコーナーの速度など色々な要素が絡むのですが、あまりも膨大なデータが必要になりまとめきれなかったので、感の数値も混ざっておりますw

これについては「有力な情報」や「ここは違うんじゃない?」と思う事があればコメントして頂けると助かります。