昨日行われた予選は雨で大荒れの展開でした、ハミルトンがポールポジションで続くレッドブル2台はPU交換ペナルティのために後方へ下がり。予選で4位の最高位を記録しているルーキーのストロールが驚きのフロントロースタートとなります。

Sponsored link

スターティンググリッド

グリッドペナルティは、リカルド25、フェルタッペン20、アロンソ35、ヒュルケンベルグ10、パーマー15、サインツ10、グロージャン5となっています。

決勝の朝になってからバンドーン25、ぺレス5が追加されました。

posドライバーposドライバー
1L.ハミルトン2L. ストロール
3E.オコン4V.ボッタス
5K. ライコネン6S. ベッテル
7F.マッサ8D.クビアト
9K.マグヌッセン10S. ペレス
11M. エリクソン12P.ウェーレイン
13M.フェルスタッペン14N. ヒュケンベルグ
15C.サインツ16D.リカルド
17J.パーマー18S.バンドーン
19F.アロンソ20R.グロージャン

イタリアGP決勝レポート

決勝は53周で争われます。天候は晴れ、気温24℃、路面温度36℃となっています。

スタートではオコンが2位へ上がりました。

https://www.formula1.com/

3周目にはマッサとフェルタッペンが接触してフェルタッペンの右フロントタイヤがパンク最後尾まで落ちました。

4周目にはボッタスが2位へ、メルセデスが早くも1,2体制へ、ベッテルがライコネンを抜いています。

5周目ベッテルがストロールを抜いて4位へ

8週目ベッテルがオコンを抜いて3位へ

10周目はやくもヒュルケンベルグがソフトへ交換しました。

ハミルトン、ボッタス、ベッテル、オコン、ストロール、ライコネン、マッサ、ぺレス、リカルド、マグヌッセンまでがTOP10

13周目オコンがペース上がらずストロールがDRS圏内で追っています。ストロールはダウンフォースが高い分タイヤへの負担が少ないようです。

16周目ライコネンがソフトに交換11位

17周目オコンがソフトへ

18周目ストロールがソフトへ

22周目マッサがソフトへ、ストロールがバンドーンを抜いています。

26周目ライコネンがやっとオコンを抜いています。

32周目ベッテルがソフトへ

33周目ハミルトンがソフトへ、ぺレスがソフトへ

34周目バンドーンがノーパワーでリタイアです。

https://www.formula1.com/

38周目リカルドがスーパーソフトへライコネンの後ろ5位へ

41周目リカルドがあっさりライコネンを抜いて4位へ

ハミルトン、ボッタス、ベッテル、リカルド、ライコネン、オコン、ストロール、マッサ、ぺレス、マグヌッセンまでがTOP10

リカルドがベッテルより1秒速いペース11秒差いけるのか。

47周目フェルタッペンがマグヌッセンを抜いて10位へ入賞まで戻ってきました。

53周終了ハミルトン、ボッタス、ベッテルの順でチャッカーが振られました。

イタリアGP決勝結果

ドライバーチームLapsギャップピット
1ルイス ハミルトンMercedes53 1:15’32.3101
2バルテリ ボッタスMercedes534.4711
3セバスチャン ベッテルFerrari5336.3171
4ダニエル リカルドRed Bull5340.3351
5キミ ライコネンFerrari531’00.0821
6エステバン オコンForce India531’11.5281
7ランス ストロールWilliams531’14.1561
8フェリペ マッサWilliams531’14.8341
9セルジオ ペレスForce India531’15.2761
10マックス フェルスタッペンRed Bull521 lap2
11ケビン マグヌッセンHaas521 lap1
12ダニール クビアトToro Rosso521 lap1
13ニコ ヒュルケンベルグRenault521 lap1
14カルロス サインツ Jr.Toro Rosso521 lap1
15ロマン グロージャンHaas521 lap2
16パスカル ウェーレインSauber512 laps1
17フェルナンド アロンソMcLaren502
18マーカス エリクソンSauber492
ストフェル バンドーンMcLaren331
ジョリオン パーマーRenault292


Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

ハミルトンの圧倒的強さが表現されたイタリアGPでした。雨でもポール、決勝でも一度もTOPを譲ることなくフィニッシュ。フェラーリはついていく事も出来ずに敗北。

メルセデスはボッタスも驚異的なペースで走っていてベッテルに30秒以上の差をつけています。

トップ3以外は熱いレースを展開して、モンツァにしては楽しめるレースでした、特にレッドブル2台の追い上げとオコン、ストロール、マッサ、ぺレスのメルセデスユーザー勢のバトルも良かったです。

オコンはずっと追われる展開でしたが、要所を締めるドライビングを披露。20周以上もライコネンを抑えきったり、ストロールをフィニッシュまで抑えきり見事なレース運びでした。

デビューからやっと1年たって明らかに洗練されてきました。ぺレスは今後のレースちょっとピンチかな。

 

マクラーレンホンダはバンドーンがトラブルで止まるまでは10位ちかくでレースを展開しよくやった方だと思います。昨日に引き続きまたトラブルとついてないねぇ。

モアパワーアップがとにかく必要がんばれホンダ!