ハミルトンが圧倒的に速い、ロズベルグに0.5秒差付けてのポールポジション。

Sponsored link

イタリアGPフリー走行③

順位NoドライバーチームLapsタイム
144 ルイス ハミルトンMercedes141’22.008
26 ニコ ロズベルグMercedes171’22.401
35 セバスチャン ベッテルFerrari131’22.946
47 キミ ライコネンFerrari121’23.149
577 バルテリ ボッタスWilliams201’23.500
619 フェリペ マッサWilliams191’23.647
73 ダニエル リカルドRed Bull231’23.709
833 マックス フェルスタッペンRed Bull211’23.740
911 セルジオ ペレスForce India201’23.917
1021 エスティバン グティエレスHaas151’24.034
1127 ニコ ヒュルケンベルグForce India211’24.041
1222 ジェンソン バトンMcLaren111’24.104
1355 カルロス サインツ Jr.Toro Rosso171’24.240
148 ロマン グロージャンHaas41’24.463
1530 ジョリオン パーマーRenault131’24.533
169マーカス エリクソンSauber201’24.542
1714 フェルナンド アロンソMcLaren121’24.658
1812 フェリペ ナッセSauber191’24.715
1920 ケビン マグヌッセンRenault121’24.793
2026 ダニール クビアトToro Rosso171’24.845
2194 パスカル ウェーレインManor191’24.893
2231 エステバン オコンManor151’24.938

Sponsored link

イタリアGP予選結果

POSDRIVERCARQ1Q2Q3
1Lewis HamiltonMERCEDES1:21.8541:21.4981:21.135
2Nico RosbergMERCEDES1:22.4971:21.8091:21.613
3Sebastian VettelFERRARI1:23.0771:22.2751:21.972
4Kimi RäikkönenFERRARI1:23.2171:22.5681:22.065
5Valtteri BottasWILLIAMS MERCEDES1:23.2641:22.4991:22.388
6Daniel RicciardoRED BULL RACING TAG HEUER1:23.1581:22.6381:22.389
7Max VerstappenRED BULL RACING TAG HEUER1:23.2291:22.8571:22.411
8Sergio PerezFORCE INDIA MERCEDES1:23.4391:22.9221:22.814
9Nico HulkenbergFORCE INDIA MERCEDES1:23.2591:22.9511:22.836
10Esteban GutierrezHAAS FERRARI1:23.3861:22.8561:23.184
11Felipe MassaWILLIAMS MERCEDES1:23.4891:22.967
12Romain GrosjeanHAAS FERRARI1:23.4211:23.092
13Fernando AlonsoMCLAREN HONDA1:23.7831:23.273
14Pascal WehrleinMRT MERCEDES1:23.7601:23.315
15Jenson ButtonMCLAREN HONDA1:23.6661:23.399
16Carlos SainzTORO ROSSO FERRARI1:23.6611:23.496
17Daniil KvyatTORO ROSSO FERRARI1:23.825
18Felipe NasrSAUBER FERRARI1:23.956
19Marcus EricssonSAUBER FERRARI1:24.087
20Jolyon PalmerRENAULT1:24.230
21Kevin MagnussenRENAULT1:24.436
NCEsteban OconMRT MERCEDESDNF

ハミルトン圧倒的ポール、地元フェラーリ2列目確保!

f1-italian-gp-2016-qualifying-top-three-in-parc-ferme-l-to-r-second-place-nico-rosberg-mer

ハミルトンが圧倒的タイムを記録!同じチームのロズベルグに0.5秒も差をつける。

 

地元フェラーリのベッテルは意地を見せ開幕当初の定位置3位を獲得しました。

image29.img.2048.medium

やはりモンツァはパワーサーキットですね、このところ調子のよかったレッドブルがなんとか6,7位をキープしていますが、同等のタイムで走れるライバルがウィリアムズ、フォースインディアがいます。

 

レッドブルはフェラーリには今回勝てそうもありません。ウィリアムズとフォースインディアと決勝どう戦うのか?楽しみです。

 

ソフトタイヤスタートのメルセデスは、スタートさえミスらなければ優勝は確定的です。1ストップでミディアムで走り切れてしまいますから。

 

image13.img.2048.medium (1)

マクラーレンはやはりパワー差がかなりありQ2落ちになってしまいました。仕方ないですね。

 

決勝でもこれはつらいですね、混戦になれば間違いなくメルセデス、フェラーリ2016年型ユーザー勢には抜かれるだろうしね。

 

モンツァは小細工が通用しないので、とりあえず走り切ってどこにいるのか?そんな戦いになる予感です。

ハミルトンのポールラップです⇩

https://www.formula1.com/en/video/2016/9/Onboard_pole_position_lap_-_Lewis_Hamilton__Italy_2016.html