イギリスGPはハミルトンのポールトゥウィンとなり、ボッタスが2位まで追い上げたことでメルセデスの1、2フィニッシュ。

ハミルトンはイギリスGP4連覇を達成しました。

Sponsored link

イギリスGP結果

ドライバーチームLapsギャップピット
1ルイス ハミルトンMercedes51 1:21’27.4301
2バルテリ ボッタスMercedes5114.0631
3キミ ライコネンFerrari5136.5702
4マックス フェルスタッペンRed Bull5152.1252
5ダニエル リカルドRed Bull511’05.9551
6ニコ ヒュルケンベルグRenault511’08.1091
7セバスチャン ベッテルFerrari511’33.9892
8エステバン オコンForce India501 lap1
9セルジオ ペレスForce India501 lap1
10フェリペ マッサWilliams501 lap1
11ストフェル バンドーンMcLaren501 lap1
12ケビン マグヌッセンHaas501 lap1
13ロマン グロージャンHaas501 lap2
14マーカス エリクソンSauber501 lap1
15ダニール クビアトToro Rosso501 lap3
16ランス ストロールWilliams501 lap2
17パスカル ウェーレインSauber501 lap3
フェルナンド アロンソMcLaren3219 laps2
カルロス サインツ Jr.Toro Rosso0
ジョリオン パーマーRenault0

決勝の出来事

パーマーがフォーメーションラップで油圧トラブルで停止したため、やり直しになりました。決勝レースは51周に変更。

スタートではハミルトン、ライコネンはポジションキープできたがベッテルはフェルスタッペンに抜かれてしまう。フェルスタッペンの一歩も引かないライン取りは脅威だ。

トロロッソはサインツとクビアトが接触してサインツがリタイア。マグヌッセンも巻き込まれダメージを負う。この影響でSCとなる。

5周目にレースは再開。ペナルティで8番手スタートだったボッタスは前走者を次々とパスして8周目にはベッテルの後ろ5番手まで上がる。

フェルスタッペンを抜けないベッテルは18周目にピットへアンダーカットを成功させてやっと3位へ復帰。

25周目ライコネンがソフトへ、26周目ハミルトンがソフトへ

33周目ボッタスがSSへ4位でコースへ復帰、アロンソがここでリタイア

36周目、リカルドはマグヌッセンをパス

42周目、ボッタスがベッテルをパスして3位へ

49周目、ライコネンの左フロントタイヤが破損してピットイン、ボッタスが2位へ

ベッテルにも左フロントタイヤがパンクしてかなり長い距離スロー走行、ファイナルラップにピットインし7位

ハミルトンがポール・トゥ・ウィン。ポイントランキングでも首位ベッテルまで1ポイント差になった。

Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

ハミルトンにとっては最高の母国GPとなった。4連覇を達成するとともにポイント差も1点となりベッテルに対しかなり優位な状況へ

ボッタスのドライビングも素晴らしくメルセデスチームの団結力は増している。昨年では考えられなかったがお互いの優勝記念写真に必ず両ドライバーが参加しているところを見ると関係もすこぶる良好だ。

フェラーリは劣勢状態が続いている。テクニカルなハンガロリンクでは巻き返したいところ。

F1.com動画リンク

イギリスGPハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/Race_highlights_-_Great_Britain_2017.html